So-net無料ブログ作成

夏は異物の誤飲に注意 [病気について]

ワンちゃんが、串を食べた、お金を食べた、プラスチックのおもちゃを食べた、ビー玉を食べた、釣り針を食べたなどの誤飲症例が増えている気がします。
食べても害のないものであれば良いのですが、消化できないようなもの、丸い物、長いものなどは、腸に詰まってしまい手術になる事も少なくありません。

本院では、食べた直後で吐き出せるようなものであればまずお薬で吐かせます。とても刺激の少ない薬を使いますので吐かせてもその後調子を崩すようなことはないので、これで済めばラッキーです。
次に、吐き出せないような物や時間がたっているが胃の中にあるものであれば、内視鏡で取り出します。全身麻酔は必要ですが、どこも切る必要がないので麻酔がさめればすぐに帰れます。これもラッキーな方ですね。
最後は腸まで進んで詰まったものはお腹を開けるしかありません。最低三日は入院が必要になるでしょう。

夏はお祭りやイベントが多いためか、トウモロコシの芯、竹串、スーパーボール、桃の種などを腸に詰まらせてしまう機会が増えます。くれぐれもご注意ください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。