So-net無料ブログ作成

3D初体験の結末 [プライベート]

先日、子供にせがまれて、初めての3D映画を見に行きました。
”塔の上のラプンチェル”というディズニー映画なのですが、内容はともかく、自分にとっては初めての3D映画ということで、どんな風に見えるのか少し楽しみでした。

映画館で渡された眼鏡は、ディズニーランドの3Dアトラクションなどで使うものよりもちょっとかっこよく、さすが進化しているな!と思いました。

さて、予告も終わり、3Dの案内が始まりました。3Dに見えなければ係員に眼鏡を交換してもらってくださいとのアナウンスが流れます。はて、なんとなく飛び出しているようにも見えるし、そうでもないような気もするし、なんだ?こんなものか?となんか不安になりつつも映画が始まりました。

子供達は、飛び出してる~!と喜びながら手で映像をつかもうとしたり、何やら楽しげです。
私はというと、なんか立体的でもあるけど、全然飛び出してこないぞ、子供って単純だなあと思いながら鑑賞していました。

映画がおわり、エンドロールが始まりました。
子供達は字が飛び出してる~っていうものの、そうは見えない私は不思議に思い、子供の眼鏡を試しに借りてみると、おっと、飛び出しているではないですか!
そうです、もうお気づきかと思いますが、私の眼鏡は壊れていたのです。いろいろやってみると、右と左のレンズを反対にしてみると飛び出して見るのです。つまり、私が見ていたのは飛び出す映画ではなく、引っ込んで見える映画だったのです。よく見ると、立体感はあるのですが、手前に飛び出さずに奥に引っ込んで見えてしまっているのです。
まったくの平面に見えればおかしいとすぐ分かるのですが、立体感はあるので、こんなものかと諦めてしまった私がバカでした。

こんなわけで、3D映像は楽しめずに、なんだか後味の悪い結末となりました。今度は本当の3D映像を楽しみたいものです。内容はといえば、個人的にはその前に見た、ドラえもんの鉄人兵団のが何倍も感動しました。
また、こんな3DならディズニーランドのキャプテンEOのが何倍も楽しいぞとも思ってしまいました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。