So-net無料ブログ作成

狂犬病の集合注射に参加して思うこと

先日、狂犬病の集合注射に出動してきました。
そこで、思ったのですが、集合注射には実施時間が各会場ごとで決まっているのですが、皆さんがスタート時間に集中してしまう傾向が強いようです。
スタートの10分前は当たり前で、中には20分以上前から待っている方もいます。
これは、とても素晴らしいことであり、社会人としては見習うべき行動ではあるのですが、早く来てくれたから早く打ってあげるということができないのが現状です。
お役所仕事と言われてしまうかもしれませんが、獣医師、市役所の職員の方ともに、事前の準備もあり、各会場を決められた時間で回らなければいけない事もあり、こちらも時間厳守で接種を行わざる得ない状況なのです。
その結果として、接種頭数が多い会場では、スタート直後には大行列ができてしまったりもします。
その反面、接種時間の半ばにはガラガラになっています。

皆さんがわんちゃん達を連れて、行列で長い時間を待っているのは、大変かとも思います。
前回の会場のわんちゃん達は礼儀正しく、ケンカをするような場面はありませんでしたが、あってもおかしくはないかと思います。

私が行列が苦手な人間だから思うのかもしれませんが、集合注射に行くなら決まった時間の半ばに行くのが絶対おすすめです!

それと、必ず保定(動かないように抱くこと)ができる人が連れて行くことです。野外での接種で、接種する獣医師以外のスタッフはいません。飼い主さんがしっかりと持てる人、我慢できる子(犬)でないと集合注射では接種ができません。それが無理な場合は、集合注射ではなく、各病院での接種をお願いすることになります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。