So-net無料ブログ作成
検索選択

久しぶりの友人 [プライベート]

今日は茨城開業している大学時代の友人夫婦が遊びに来てくれました。
旦那さんとは結婚式以来なので4-5年ぶり、奥さんとは大学卒業以来なので10年ぶりくらいでしょうか。
大学の頃のこの時期といえば一緒に氷漂う湖にワカサギ釣りに行ったり、地元の霞ヶ浦にバス釣りに行ったりもしました。
大学6年の時は、苦しい国家試験勉強を一緒にするグループのメンバーでもあり、久しぶりの再会はとても懐かしいものでした。旦那のお腹がすこし立派になったこと以外は二人とも昔のままで、一緒に来た二人のお子さんがいることがなんとも不思議な感覚でした。とはいうものの私のお腹もずいぶんと立派になってしまいましたが。

昔と変わらぬ穏やか二人の笑顔はとても心地よいものでしたが、先輩開業医・先輩パパさん&ママさんの話は同じ立場の経験者だけあったとても頼もしいものでした。

懐かしいけど新鮮な再会は、気持ち新たにまた頑張ろうかなあという気にさせてくれるものでした。

Doggy Labo [本院案内]

先日、第6回のパピー教室を実施したのですが、その最後に中西トレーナーから”ブログに載せるから写真撮影を”と言われ、自分は院長室の大掃除をしておりろくに参加してなかったのですが、ちゃっかり写真に写ってしまいました。
そして、今日、どんな記事なのかなあと思いブログを覗いてみました。
HP: http://www.doggylabo.com/
ブログ: http://blog.livedoor.jp/doggylabo2002/

やっぱりパピー教室引き受けるの結構ためらっていたんだあ~、無理言っちゃたなあ・・・、と少々反省。
でも、パピー教室楽しいって書いてくれてるので・・・、ホッとしました。

前にも書きましたが、パピー教室をしようと思った時に誰に頼もうかと非常に悩みました。
実際、パピー教室くらいならということで、獣医師やスタッフが行っている病院も多いかと思います。
しかし、自分は、犬の性格形成に一番大事な時期の指導をするならやっぱり信頼できる方にお願いしたいと思いました。さんざん探したあげくにたどり着いたのは川崎の中西トレーナーでした。
秦野に来てくれるわけないよなあとは思いながらも、当たって砕けろとお願いしたところ引き受けてもらうことができました。でも、その裏にゆずちゃん(Mシュナウザー)のお力添えがあったとは・・・。

ゆずちゃんは、生まれた時から横隔膜(胸とお腹を分けている膜)が欠損しており、呼吸がうまくできない病気の子でした。手術もかなり大がかりなもので、胸とお腹を開けて人工的に横隔膜を作って縫い合わすというものでした。まだ数カ月の子犬には大変な手術でしたが、初めて会ったときは倒れたままのゆずちゃんが元気に走り回れるようになってくれた時のことは今でもはっきり覚えています。

そんなゆずちゃんの写真が中西トレーナーの心を動かしてくれるとは・・、やっぱり縁なのですね。

沢山の人と動物たちにいろんな縁をいただいて今の自分がいると再確認させられました。

ゆずちゃんありがとね。
http://8228.teacup.com/tanzawa/bbs?OF=10&BD=9&CH=5


勉強会への参加 [本院案内]

昨日は、獣医師会主催の勉強会(セミナー)に参加してきました。
今回のテーマは整形外科(膝の疾患)だったのですが、自分の中では得意な分野になります。
それでも毎回このような会に参加すると毎回新しい発見があります。

獣医医療の世界も毎年毎年新しい報告が行われ、検査や治療もどんどん変化しています。
今最も良いと思われる治療も5年後にはもっと良いとされる治療に取って代わられるかもしれませんし、どうなっているか分かりません。私が獣医師免許を取った10年前と比べてみても、様々な病気の治療法が変わっていますし、その頃では聞きもしなかったような新しい病気もメジャーになってきています。

前回のブログに書いたように今の時期は1年のうちでも少し余裕のある時期になるため、様々なセミナーや研修会などが秋~冬に行われる傾向があります。獣医師ひとりで開業している私のような病院では、このような会に参加するためにはどうしても診療時間の変更や休診をいただかなければいけなくなります。そのような時に知らずに来院された方にも本当に申し訳ないのですが、ご理解のほどをお願いいたします。

もう2月なのですね [本院案内]

早いものでもう新年を迎えて1か月が過ぎてしまい、もう2月です。
寒さにはめっきり弱くなってしまいましたが、やっぱり冬は年に1回くらい雪が積もって欲しいと思ってしまいます。
積もったら積もったで苦労するのは分かっているのですが、たまには積もってくれないと冬だと実感できず、どこか物足りなさを感じてしまいます。今月に期待!(でも1回くらいで充分です)

さて、動物病院の来院数は、1~3月は比較的少なく、4~7月あたりは逆に多くなります。
これは寒い時期のが皮膚病が少なかったり、春から犬たちの様々な予防が始まることなどに関係しています。

もしも、日頃気になっていることや心配していることがあれば、是非、この時期にご相談ください。
春からはどこの動物病院内もバタバタしますから、ゆっくり検査、じっくり説明できるのはこの時期なので、健康診断や歯科検診、しつけの相談など気になることがあれば今がチャンスです。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。