So-net無料ブログ作成

万が一の備えはしていますか? [お知らせ]

先日、獣医師会の会議でペットの防災訓練に関する講演を聞きました。
万が一の地震や災害時のこと、考えている飼い主さんはどのくらいいるのでしょうか?
私も含めて、自分のことすらあまり考えていないという方が多いのではないでしょうか。
自分の身は自分で守る準備をすることは当然ですが、人間への対応という面では行政が中心となって災害時の対策が真剣に行われております。その一方で、ペットへの対応という面では、まだ始まったばかりであり、非常時に動物の事まで考えてはいられないというのがまだまだ世間や行政の一般的な考えかと思います。それは徐々に変わっていけばと思いますが、災害はいつやってくるか分かりません。世間では動物であっても、飼い主にとっては家族同然のペットです。きっと避難する時は一緒にというお気持ちになるのではないでしょうか?
実際、神戸や新潟の地震の時も避難所にはペットを連れてくる方が多かったようです。
そこで問題が発生します。ペットを飼っている方は家族だからと言いますが、動物が嫌い(苦手)な方も避難所にはいます。災害時のペットの避難に関してはた~くさんの問題や課題が山のようにありますが、それをここで書いてもきりがありませんので、ペットを飼っている方への万が一の備えの第一歩としての提案は、

まずは、近所の方にその子を認知してもらえる努力をしましょう。

これは非常に重要なことで、避難所は各地域(ご近所さん)で集まり、各自治会が中心となり運営さえれることになります。近所に理解があれば、その子も避難所に受け入れてもらえるかもしれませんが、理解がなければそれは難しくなります。もしもの時のご近所さんの理解というのはとても重要になると思います。
特にワンちゃんならば、他人を噛んでしまう、大暴れするという状態では周りも受け入れにくくなります。その子のことを考えるのであれば、家族の方以外の方ともコミュニケーションがとれる子に育ててあげることは非常に重要であると考えます。

もう一つは、その子のケージを用意しておきましょう。

避難所ではケージなしで受け入れてもらうことはほぼ不可能です。ケージに入れるのはかわいそうと考える方もいるかと思いますが、それは入れたことがない子をケージに入れることが問題であり、ケージの中は怖くない、安心できる場所だと教えてあげておけば犬や猫達は安心してケージに入ります。日常では、ケージに入れなくても何も困らないと思いますが、避難所ではそうはいきませんし、非常時でなくても病院に入院する必要が出たり、どうしてもペットホテルに預けなければならない時は突然訪れるものです。日々の心がけでそのような時に、不要な不安をペットたちに抱かせずに済むのならば、その方がその子たちにとっても幸せなのではないでしょうか。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。