So-net無料ブログ作成

椎間板ヘルニア [病気について]

椎間板ヘルニアという病気をご存知でしょうか?

人の病気としても有名ですが、犬の病気としても非常にメジャーな病気です。
ただし、人の椎間板ヘルニアと犬のそれとは、かなり病態が異なります。

犬では、病気になる8~9割が、M.ダックスです。
他にはビーグルやフレンチブル、プードル、コーギーなどでもみられますし、
雑種でもなることはあるのですが、人気犬種も後押ししてダントツにダックスが多い病気です。

また、人と大きく異なるのはあまりに急激な発症の仕方をすることです。
さっきまで走っていたのに、次に見たときは両後肢がまったく動かず引きずって歩いてる、なんてことも珍しくありません。

そして、椎間板ヘルニアでもっとも恐ろしいのは、急激な発症をした子のうち5~10%くらいの確率で”脊髄軟化症”と呼ばれる病気を併発することがあるということです。この病気は脊髄に強い衝撃が加わることで、脊髄に負の連鎖反応が起こってしまい、脊髄がどんどん軟化(とけてしまう)していき、発症から7~10日程度で亡くなってしまう病気なのです。そんな怖い病気が椎間板ヘルニアと一緒に起こるということは知らない方が多いのではないでしょうか。

しかし、通常の椎間板ヘルニアは、軽ければ内科治療、重症なら手術で治る病気です。
(あまりに重症な場合は、後遺症が残ったり、一生麻痺が残る子もいます)

IVDD001.jpg今回紹介する子は、4日前に、急に後肢が動かなくなり、内科治療を受けるが反応が乏しかったために、本院に紹介されてきたM.ダックスです。

症状からも椎間板ヘルニアの可能性が非常に高かったため、その日に脊髄造影検査を行いました。この検査は本当にヘルニアがあるのか、あるならどこにあるのか、どの程度のものなのかを調べるために行います。
この結果をみて手術の必要性、手術する部位、術式などを決定します。

理想を言えば、CT検査やMRI検査も一緒にできるとより正確に評価できるのですが、ほとんどの子はこの検査で十分判定が可能です。何よりすぐに検査ができて、すぐに手術が可能なのが最大の利点です。
治療がうまくいくかどうかは、早く診断・手術が可能かどうかという点に大きく関わってきます。

IVDD003.jpg今回の子も、検査の結果腰椎の2番と3番間(L2-L3間)の右側に脊髄を圧迫する病変がみつかりました。




PB110079.JPG











この結果を受けてその部位の背骨を削り、飛び出している椎間板物質を取り除きました。

経過は良好で、手術翌日から後肢は動き始め、2日目にはふらつきながらも歩き始めました。

みんながみんなこのように良い反応が得られるわけではありませんが、後ろ足の麻痺が残ってしまう子は、その後の生活が非常に不自由になります。
できるだけ早く検査、手術することで、退院する時には元気に歩いて帰ってくれるとこちらもとってもうれしい気持ちになります。

この子ももうすぐ退院です。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。