So-net無料ブログ作成

義援金の募集 [お知らせ]

「東北関東大震災動物救護活動等支援義援金」の募集

今回の震災では、人間の命がたくさん失われたのと同時に、動物たちの命もたくさん失われました。まずは何よりも人命優先が大切ですが、1ヶ月が過ぎ、受傷した動物の保護ややむなく放置されているどうぶつ達の救護も急務となっております。
 このたびの大震災での被災動物達に関しての情報は、まだまだ少ないのが現状ですが、救護活動が開始されたことも事実です。 (社)日本獣医師会は、で震災動物に対して救護活動などに対する支援義援金を募集しております。
 本院の受付にも募金箱を設置しました。皆様より当院に集まった大切な義援金は責任を持って集計後、「(社)日本獣医師会 会長」名義へ、直接お振込をさせて頂きます。集計結果は院内掲示・ホームページ及び当院ブログにて後日ご報告いたします。
 皆様のご理解と温かな気持ちをよろしくお願いします。

動物病院の待ち時間の少ない時間帯って?

1年のうちで4月、5月は動物病院が一番混み合う季節です。
フィラリア予防や狂犬病接種がこの時期に集中すること、病気も冬場よりも暖かくなってからのが増えることなどがその理由です。
そのため、どうしても待ち時間も長くなってしまうのがこの季節です。
とはいうものの、どうぶつ達を連れて長い間待つのは非常に大変です。
そこで、本院の場合、どの曜日のどの時間帯が混み合うのか一般的な傾向をお伝えします。
これを参考に、すいてる時間を狙って来院してみてはいかがでしょうか?

まず曜日では、土曜、日曜、水曜日の順で混み合います。
時間帯は、午前中(特に診療開始1時間)のが午後よりも全体に混み合います。午後の診察は4-5時は混み合いますが、その後は比較的すいています。
日曜日は、午前は混み合いますが、午後は比較的すいています。

すいている時間を利用してもらい、よりスムーズに診察が行えるように我々も配慮していければと思います。

狂犬病の集合注射に参加して思うこと

先日、狂犬病の集合注射に出動してきました。
そこで、思ったのですが、集合注射には実施時間が各会場ごとで決まっているのですが、皆さんがスタート時間に集中してしまう傾向が強いようです。
スタートの10分前は当たり前で、中には20分以上前から待っている方もいます。
これは、とても素晴らしいことであり、社会人としては見習うべき行動ではあるのですが、早く来てくれたから早く打ってあげるということができないのが現状です。
お役所仕事と言われてしまうかもしれませんが、獣医師、市役所の職員の方ともに、事前の準備もあり、各会場を決められた時間で回らなければいけない事もあり、こちらも時間厳守で接種を行わざる得ない状況なのです。
その結果として、接種頭数が多い会場では、スタート直後には大行列ができてしまったりもします。
その反面、接種時間の半ばにはガラガラになっています。

皆さんがわんちゃん達を連れて、行列で長い時間を待っているのは、大変かとも思います。
前回の会場のわんちゃん達は礼儀正しく、ケンカをするような場面はありませんでしたが、あってもおかしくはないかと思います。

私が行列が苦手な人間だから思うのかもしれませんが、集合注射に行くなら決まった時間の半ばに行くのが絶対おすすめです!

それと、必ず保定(動かないように抱くこと)ができる人が連れて行くことです。野外での接種で、接種する獣医師以外のスタッフはいません。飼い主さんがしっかりと持てる人、我慢できる子(犬)でないと集合注射では接種ができません。それが無理な場合は、集合注射ではなく、各病院での接種をお願いすることになります。

3D初体験の結末 [プライベート]

先日、子供にせがまれて、初めての3D映画を見に行きました。
”塔の上のラプンチェル”というディズニー映画なのですが、内容はともかく、自分にとっては初めての3D映画ということで、どんな風に見えるのか少し楽しみでした。

映画館で渡された眼鏡は、ディズニーランドの3Dアトラクションなどで使うものよりもちょっとかっこよく、さすが進化しているな!と思いました。

さて、予告も終わり、3Dの案内が始まりました。3Dに見えなければ係員に眼鏡を交換してもらってくださいとのアナウンスが流れます。はて、なんとなく飛び出しているようにも見えるし、そうでもないような気もするし、なんだ?こんなものか?となんか不安になりつつも映画が始まりました。

子供達は、飛び出してる~!と喜びながら手で映像をつかもうとしたり、何やら楽しげです。
私はというと、なんか立体的でもあるけど、全然飛び出してこないぞ、子供って単純だなあと思いながら鑑賞していました。

映画がおわり、エンドロールが始まりました。
子供達は字が飛び出してる~っていうものの、そうは見えない私は不思議に思い、子供の眼鏡を試しに借りてみると、おっと、飛び出しているではないですか!
そうです、もうお気づきかと思いますが、私の眼鏡は壊れていたのです。いろいろやってみると、右と左のレンズを反対にしてみると飛び出して見るのです。つまり、私が見ていたのは飛び出す映画ではなく、引っ込んで見える映画だったのです。よく見ると、立体感はあるのですが、手前に飛び出さずに奥に引っ込んで見えてしまっているのです。
まったくの平面に見えればおかしいとすぐ分かるのですが、立体感はあるので、こんなものかと諦めてしまった私がバカでした。

こんなわけで、3D映像は楽しめずに、なんだか後味の悪い結末となりました。今度は本当の3D映像を楽しみたいものです。内容はといえば、個人的にはその前に見た、ドラえもんの鉄人兵団のが何倍も感動しました。
また、こんな3DならディズニーランドのキャプテンEOのが何倍も楽しいぞとも思ってしまいました。

地震後の影響 [お知らせ]

まずは、この度の東北地方太平洋沖地震により被災されました方々に、心よりお見舞い申し上げます。
また、被災地の一日も早い復興を心より祈念するとともに、私たちが微力ながらできうることからお役に立てるよう努力を続けてまいりたいと思います。

計画停電も4月に入りしばらくは実施されず、落ち着いて来ましたので久しぶりの記事です。
地震直後は、停電が半日ほどあったくらいで被害はなく済みました。
その後は、何度か計画停電があったため、急遽、手術やトリミングの日程を変更してもらったり、懐中電灯での診察をしたりと、患者さん達にはご迷惑をおかけしました。

停電があった場合は、病院はどうなるの?と思われる飼い主さんも多いかと思います。
手術中に急に停電が起こったとしても、麻酔機は使えるのと、バッテリー駆動の点滴やモニターもあるので、そのまま手術を続けることはできます。しかしながら、視野はかなり暗くなりますし、十分な処置が行えるとも言えませんので、やはり計画停電などの予定が分かっている場合はその時間は手術を行わないようにしています。
また、トリミングなどもドライヤーがまったく使えなくなってしまいますので、その時間は予約を入れる事ができません。しばらくはもうないかと思われますが、夏に入るとまた実施される可能性が高くなりますので、ご迷惑をおかけすることが出てくるかもしれませんが、ご理解とご協力をお願いいたします。

また、しばらくの間は、節電のため、待合室や外の外灯を最小限の点灯にとどめています。多少薄暗く感じるかもしれませんが、こちらもご協力をお願いいたします。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。