So-net無料ブログ作成
プライベート ブログトップ

3D初体験の結末 [プライベート]

先日、子供にせがまれて、初めての3D映画を見に行きました。
”塔の上のラプンチェル”というディズニー映画なのですが、内容はともかく、自分にとっては初めての3D映画ということで、どんな風に見えるのか少し楽しみでした。

映画館で渡された眼鏡は、ディズニーランドの3Dアトラクションなどで使うものよりもちょっとかっこよく、さすが進化しているな!と思いました。

さて、予告も終わり、3Dの案内が始まりました。3Dに見えなければ係員に眼鏡を交換してもらってくださいとのアナウンスが流れます。はて、なんとなく飛び出しているようにも見えるし、そうでもないような気もするし、なんだ?こんなものか?となんか不安になりつつも映画が始まりました。

子供達は、飛び出してる~!と喜びながら手で映像をつかもうとしたり、何やら楽しげです。
私はというと、なんか立体的でもあるけど、全然飛び出してこないぞ、子供って単純だなあと思いながら鑑賞していました。

映画がおわり、エンドロールが始まりました。
子供達は字が飛び出してる~っていうものの、そうは見えない私は不思議に思い、子供の眼鏡を試しに借りてみると、おっと、飛び出しているではないですか!
そうです、もうお気づきかと思いますが、私の眼鏡は壊れていたのです。いろいろやってみると、右と左のレンズを反対にしてみると飛び出して見るのです。つまり、私が見ていたのは飛び出す映画ではなく、引っ込んで見える映画だったのです。よく見ると、立体感はあるのですが、手前に飛び出さずに奥に引っ込んで見えてしまっているのです。
まったくの平面に見えればおかしいとすぐ分かるのですが、立体感はあるので、こんなものかと諦めてしまった私がバカでした。

こんなわけで、3D映像は楽しめずに、なんだか後味の悪い結末となりました。今度は本当の3D映像を楽しみたいものです。内容はといえば、個人的にはその前に見た、ドラえもんの鉄人兵団のが何倍も感動しました。
また、こんな3DならディズニーランドのキャプテンEOのが何倍も楽しいぞとも思ってしまいました。

シルバーウィーク [プライベート]

皆さんは、秋の連休をいかがお過ごしになったのでしょうか?

本院は定休日を含めた2連休があったので、妻の実家である三重に少しだけ行ってきました。

渋滞は覚悟の上であったのですが、想定以上の混み具合でした。

我が家には、暴れん坊のチビ達がいるので、新幹線に乗るものも、バスに乗るのも気が進みません。

車なら出かけてもいいかな、と思うのですがさすがに三重から秦野までの約9時間はやはり大変でした。

高速代の割引はうれしいですが、その代償にこの渋滞かと思うと得したのか損したのか分からなくなります。

職業柄、チビ達ともあまり遊んであげられないのでたまには出かけて、とも思うのですがしばらく遠出は勘弁してほしいですね。

その昔、大学時代に四国まで車で出かけたのですが、渋滞渋滞で24時間かかった経験があります。あの時を考えるとまだましなのですが、あの時ほど若くもないおっさんになった自分には今回くらいが限界かなあと、自分の年齢を考えさせられた連休でした。

医者の不養生 [プライベート]

いつの間にやら6月ですね。
4月、5月は、様々な予防が始まるシーズンで、本院も忙しくしていました。
その疲れがたまっていたのか、先週は火曜日から39度の高熱が出てしまい、風邪だと思いできるかぎり安静に(働いていましたが)していたのですがいっこうによくなる兆しがなく、それどころかひどい頭痛に悩まされやむなく金曜日に病院に行ってきました。
結果は”扁桃腺炎”でした。
扁桃腺炎でこんなに熱がでるとは知りませんでした。
医者には来るのが遅すぎると怒られながら、薬を飲み始めると数日で楽になりました。

そんなわけで先週来ていただいた患者さんには、頭痛と熱でふらふらしながらの診察でしたから不安を抱かせてしまったかもしれません。診てくれる人が調子悪そうだったらそれは不安ですよね。
ゆっくりと話もできなかったので、本当に申し訳ないと反省しています。

休むに休めない職業なので、もっと自己管理に気を配らないと反省です。
それと、調子が悪い時は早く病院に行くようにしましょう!

医療の現場 [プライベート]

今回はお堅い話です。

ここ数年、医療の問題に関するニュースをよく耳にする気がします。産科医不足、救命受け入れ拒否の問題、医療費問題、医療ミス問題などなど、挙げればきりがないほど。
私は獣医師であり、医師ではありませんから本当の現場の事情までは分かりません。ただどの問題に関しても多かれ少なかれ我々獣医医療の現場にも似たような問題があるだけに他人事とは思えないのです。

特に最近叫ばれている産科医不足、産科の閉鎖の問題が個人的には非常に心配です。以前、救急搬送された妊婦が受け入れ先がなく亡くなったニュースがありました。当時は、受け入れ拒否とは何事だ!を医師の怠慢が問題のように報じられていたケースもありましたが、問題はそんな浅いところではないと思うのです。おえら方の医師のことは分かりませんが、現場の医師たちは絶対に受け入れたかったと思います。それができない現状に日々心を痛めているではないかと思うのです。

また最近のニュースで、ある総合周産期母子医療センターが労働基準監督署から是正勧告を受けたというものがありました。内容としては、時間外労働、休日労働が法定基準を超えているなどの問題に対しての指導でした。

労働基準を厳守することは当然の事ですが、現場ではそんな当然なことすら守れない現状があるのです。過度な勤務体制は止めて医師に負担のかからないような現場で医療を行いたいと病院側が考えても、周産期医療を担う病院は少なく過度な負担がかかる中で、病院の義務として現場の医師は無理をしながら一生懸命やっている状況なのだと推察されます。そのような中で今回のように『法令に反している』と言われては、現場のモチベーションは維持できないと思います。そして、一番困るのは患者さんということになるのです。

様々は原因はありますが、医師不足というよりは過酷な現場での勤務を希望する医師の不足が一番の原因ではないかと私は思います。現場が無理をしなければ患者を助けられないのが今の現場なのです。無理をして頑張っている医師を指導する前に、不人気の過酷な科を保護する国の対策を急務としていただきたいものです。

医療には、どうしても仕事だけでは割り切れない部分が出てしまいます。獣医師の自分の今までの状況を考えても労働基準法を厳守していては自分の獣医医療は成り立っていませんでした。ただ、院長という立場になった今は、患者さんへの充実した医療を提供するためにスッタフの勤務環境も守っていきたいと考えています。過酷な労働条件では、質の良い医療は提供できませんし、笑顔がなくなってしまいますから。

祝!WBC 日本V2達成! [プライベート]

昨日のWBCの試合、皆さんも見たと思いますが、素晴らしかったですね。
久しぶりにTVを観戦しながら熱くなるものを感じました。

私は小学校、中学校は野球部にいましたので、野球は好きなのですが、日頃のプロ野球の観戦というものにはあまり関心がありません。野球観戦が好きというよりは、必死になってがむしゃらに白球を追う野球が好きなのかもしれません。

ですから、余裕のV2ではなく、なんども挫けそうになりながらも常に前向きな気持ちでやっと奪い取ったV2というところに観ている我々も熱いものを感じずにはいられなかったのでしょう。

MVPは松坂でしたが、2年あまりのスランプを乗り越えて見事優勝に導いてくれた涌井、超未熟児で生まれ必死で成長した我が子に金メダルをかけるためがむしゃらに戦い戦線離脱した村田、不調不調と言われ続ける中でも弱気な姿を見せずに自分と戦い続けて最後にはやっぱり決めてくれたイチロー、そして誰よりも侍だった指揮官原監督に感動させてもらいました。

自分が野球をしていた頃は、サッカーやバスケ、テニスなどをやってる友人のが楽しそうだし、かっこいいし、野球を選んだことを少し後悔した時期もありましたが、やっぱり野球って素晴らしいと思える今年のWBCでした。

京都で結婚式 [プライベート]

昨日は、かわいい後輩の結婚式に参加するため京都に行ってきました。

少し早く着いたので式場までの道のりをのんびりと歩いたのですが、春の京都はやっぱりいいものですね。桜はまだですが、心地よい風と鴨川のせせらぎ、近くでは卒業式をしており久しぶりにちょっと春を感じてきました。

彼は前勤務先の動物病院での後輩ですが、とても優秀な獣医師です。
獣医師としての腕も知識も立派なものなのですが、少々プレッシャーに弱いタイプなので、さすがに挙式はガチガチに緊張しており、こういう場面での彼の弱点であるお腹の調子が大丈夫かハラハラして見ていました。その一方で、今まで見たことのない立派な姿や真剣な顔をみていたらなんだか笑えてきて(失礼ですね)、あまり顔を見られませんでした。とはいうものの披露宴の最後には立派にスピーチをして男を見せてくれました。

お幸せに!


秦高を愛する獣医師の集い [プライベート]

先日、私の母校、秦野高校出身の獣医師が集まる食事会が開かれました。
ある先生からの呼びかけで今回初めて開催される運びとなりました。
今までもお世話になっている犬猫の開業医の先生もいれば、牛や豚の開業医の先生、公務員として食の安全や衛生関係のお仕事をされている方まで同じ獣医師という国家資格を持っていても仕事の内容は多種多様、さらに年齢も70代の大先輩から30前後の若輩メンバーまで20数名が一同に会しました。
同じ母校を持ち、同じ国家資格を持つというだけにとどまらず、皆さんの青春時代の話を聞き、その中に共感を覚え、さらには”○○さんの知り合いかい?”、”うちの兄の同級生ですね”、などなど次から次へとあちこちでいろんな繋がりが見つかって行きました。
人と人との繋がりとか、縁とかというものを感じたりしながら、最後はみんなで肩を組み、校歌斉唱をして解散となりました。
とはいいながら最後に同窓会費を払っていないことに気づき、少し反省しながら帰宅することとなりました。

嬉しかったこと [プライベート]

昨日の夜は、本院も真っ白に雪化粧しました。
雪の降る夜はホントに久しぶりで、雪が周りの雑音を吸収して静まりかえる夜はゲレンデや雪見温泉を思い出させてくれてちょっといい気分になるのですが、そういえば、ゲレンデも雪見温泉も最後に行ったのは10年近く前だったような・・。思い出す記憶もあやしくなるくらい昔で、そう考えるとちょっと寂しいものです。

今年は一度も雪が積もらないかとあきらめていたので、ちょっとうれしい出来事であり、朝は一面真っ白な病院の写真を撮ろうと思っていたのですが、朝には半分くらいとけており、午前の仕事が終わるころには雪は消えていました。

それともう一つ、うれしい事がありました。本院は開設1周年を迎えましたが、以前の勤務先で診ていた患者さんからお祝いのお花やかわいい電報をいただきました。最後の診察をしてから随分の時間が経過しているのに1周年の日を知っていて下さったこと、お祝いを送ろうと思ってくれたこと、何より今でも覚えていて下さったことはこのような仕事をしている自分にはとてもありがたいことであり励みになります。

はなこちゃん、ゆずちゃん、そしてコティちゃん、ありがとう。

久しぶりの友人 [プライベート]

今日は茨城で開業している大学時代の友人夫婦が遊びに来てくれました。
旦那さんとは結婚式以来なので4-5年ぶり、奥さんとは大学卒業以来なので10年ぶりくらいでしょうか。
大学の頃のこの時期といえば一緒に氷漂う湖にワカサギを釣りに行ったり、地元の霞ヶ浦にバス釣りに行ったりもしました。
大学6年の時は、苦しい国家試験勉強を一緒にするグループのメンバーでもあり、久しぶりの再会はとても懐かしいものでした。旦那のお腹がすこし立派になったこと以外は二人とも昔のままで、一緒に来た二人のお子さんがいることがなんとも不思議な感覚でした。とはいうものの私のお腹もずいぶんと立派になってしまいましたが。

昔と変わらぬ穏やか二人の笑顔はとても心地よいものでしたが、先輩開業医・先輩パパさん&ママさんの話は同じ立場の経験者だけあったとても頼もしいものでした。

懐かしいけど新鮮な再会は、気持ち新たにまた頑張ろうかなあという気にさせてくれるものでした。

猛暑の休日 [プライベート]

先週の休診日は大山参りに行ってきました。なぜ今?って思う方も多いと思いますが、理由は単純で前日TVで楽しそうに大山参りしているDAIGOとかウドちゃん達を見たので思いつきで行ってみたくなりました。秦野に住んでいる私は秦野側からしか大山に登ったことがなく、伊勢原側からの参道は行ったことがありませんでしたので、豆腐料理やケーブルカー、かわら投げなど一度は見てみたいなあと思っていました。
densha.jpgしかし、子供連れでの猛暑は大変でした。長い階段をチビを背負い、一人は手をつなぎ登るのはなかなかのもので、私もチビ達も汗でぐっしょぐしょでした。
ケーブルカーに乗り上の方まで行くと心地よい風があり少しばかりのリフレッシュができましたが、子連れの夏は止めましょう。周りも年配の方がほとんどでうちのように小さなチビ達はまったくいませんでした。
プライベート ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。